歯科治療で口臭を改善

>

口臭の原因は虫歯や歯周病が多い

歯周病が原因での口臭

歯周病の口臭には、いくつかタイプがあります。
玉葱が腐ったようなにおい
歯周病菌が増殖時に、細胞や血液中のタンパク質が分解され、メチルメルカプタンというガスを発生させます。
メチルメルカプタンとは、玉葱が腐ったような臭いの無色の気体です。
口臭の以外にもおならの成分の一つです。
メチルメルカプタンは毒性が強く、症状を悪化させてしまいます。
卵が腐ったようなにおい・潮臭さ
硫化水素は、卵が腐敗する際に発生することから腐卵臭といわれています。
歯垢や舌苔の汚れで発生しやすくなります。
キャベツが腐ったにおい
ジメルサルファイドは、歯周病の症状がなければ、全身疾患の可能性もあります。
血のにおい
少しの刺激でもすぐに歯茎から出血し、膿がまじって口臭がひどくなります。

虫歯が原因での口臭

虫歯が進行すると食べかすが詰まりやすくなり、完全に取れない場合は、繁殖した菌によって発酵し腐敗してしまいます。
腐敗臭のするガスが発生してしまいます。
気になる場合は、痛みがなくても受診してみましょう。
虫歯が進行し、神経まで達してしまうと、神経から細菌が入り化膿して悪臭が発生します。
この場合は、歯を抜かなくてはならなくなるので、すぐに治療が必要となります。
虫歯の治療後も差し歯や銀歯の間に隙間ができやすいため、食べかすがたまりやすくなります。
神経が死んでしまい、歯が痛みを感じることがないまま虫歯が進行している場合は、糖尿病などの病気に発展してしまう場合もありますので、定期的には歯医者で検診を受けましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる