歯科治療で口臭を改善

>

口臭の種類と原因

口臭をセルフチェックしてみよう

唾液をチェック
舌や歯や歯ぐきなどを指で触ってみて匂いを嗅いでみましょう。
すっぱいと感じる場合は、歯垢や食べかすが原因かもしれません。
苦いと感じる場合は、揮発性硫黄化合物がたまっているかもしれません。
唾液ににおいがあると乾燥して口臭の原因となります。
ビニール袋・ポリ袋と使ってチェック
ビニール袋の空気を抜いた後、息を吐きます。
30秒ほどしてにおいをかいでみましょう。
2枚用意して1つは空気を入れて、比べてみるとわかりやすくなります。
デンタルフロスや歯間ブラシでチェック
歯磨き後に歯垢のにおいを嗅いでみましょう。
舌をチェック
舌の色が白・黄色の場合は、注意しましょう。
ティッシュなどで優しくふきとってにおいを嗅いでみましょう。
ピンク色なら、口臭の心配はなさそうです。
口臭チェッカーでチェック
市販で家庭向けに販売されています。
数値が出て、5段階程度で結果が出ますのでセルフチェックでは不安な場合は便利です。

口臭をセルフケア

食べかすや歯垢の汚れを毎日歯みがきをしてしっかりと落としましょう。
特に歯の間や歯茎の境目など歯垢が残りやすい部分は、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使い、念入りに磨いて下さい。
デンタルリンス・マウスウォッシュは、口臭の原因となる細菌を洗浄、除菌する効果があります。
寝ている間は、唾液の分泌が減少し細菌が増殖しやすいので、就寝前に使用しましょう。
舌苔は、細菌や食べかすやはがれてしまった古い細胞などが舌の舌乳頭にたまって細菌の棲家となっていますので、除去する必要があります。
つき方や場所はさまざまで、体調によって多くつく場合もあるようです。
歯ブラシでごしごしとみがくと傷がつきやすいので、舌専用ブラシがいいでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる