歯科治療で口臭を改善

セルフケアで改善しましょう

周りに口臭が気になる人がいることって結構ありませんか?
自分の口も臭ってるんじゃないか?と思った経験はあるのではないでしょうか。
でも自分で確かめることはできませんし、人に指摘されることもありません。
口臭の原因には、いくつかあり、においも違ってきます。
にんにくやねぎなどを使った料理を食べたり、お酒を飲んだ後などの食品由来口臭については、消化する際ににおい成分が排出される一時的なものなので、時間がたてば解消されます。
起床時・空腹時・緊張時に唾液の分泌の減少から細菌が揮発性硫黄化合物を作ることによっておこる生理的口臭は、歯磨きや水分補給により弱まるため、治療は必要ありません。
内臓の疾患が原因の場合として、消化器症状では、胃や腸で食べ物を消化出来ずに異常発酵することで腐ったようなにおいがします。
肝臓疾患では、分解されない毒素によってアンモニア臭がします。
糖尿病の場合、甘酸っぱいアセトン臭がします。
鼻・喉が原因の場合としては、蓄膿症や咽頭炎では、膿が口に出てきて、口臭が起こります。
そして口の中が原因の場合として、虫歯・歯周病や口腔疾患などがあります。
生理的口臭や食品由来口臭やたばこなどによる一時的な口臭は、誰にでもありますので、気にする必要はありません。
しかし、病気が原因の場合は、病状が改善されないと口臭は消えません。
症状が進行しないように、治療をする必要があります。
最も多いのは、口の中のトラブルが原因の口臭といわれています。
歯科治療が必要な口臭はどのようなにおいなんでしょうか。
自分で予防はできるのでしょうか。

口臭の種類と原因

ほとんどの人に口臭は発生するものです。 しかし慢性的に口臭が気になる場合は、虫歯や歯周病などの可能性があります。 また、内臓疾患などの深刻な症状かもしれませんので、早めに受診しましょう。 たまに感じる口臭なら、オーラルケアで予防できる場合も多いので、ブラッシングなどでお口のケアをしましょう。

口臭の原因は虫歯や歯周病が多い

接客業などの職業などは、特に口臭が気になりますよね。 まずは最初に歯科で検査を受けてみましょう。 歯周病や虫歯が原因がほとんどですので、早めに歯科医で治療する必要があります。 そうでない場合、自分で対策できますので、歯科医でケアをアドバイスしてもらいましょう。

ドライマウスは歯科医を受診しましょう

ドライマウスの診断は口腔のスペシャリストである歯科医が行います。 全身疾患のひとつの症状である場合は、歯科医が窓口として連携してもらえます。 口の乾きで生活の不便さを感じるようならまず近くの歯科医に相談しましょう。 それでも不安な場合は、口臭外来を受診してみましょう。

トップへもどる